So-net無料ブログ作成

太ももを引き締めるには内ももの筋肉を鍛えること [太ももダイエット]

内ももの筋肉を鍛えることが、太ももを引き締めるダイエットをするには大事です。

太ももはなかなか細くなりにくい部位で、部分ダイエットの中でも難しいといわれているところです。
足にセルライトや皮下脂肪がたまり、むっちりと太めになってしまっている人がたくさんいるようですね!

太もものダイエットをするため鍛えると良いのは、内ももの筋肉です。
脂肪がつきやすく、そして脂肪を減らしづらい部分は、体の中でも内ももだといえるでしょう。

内ももの筋肉は内転筋といい、大腿骨と股関節を支える筋肉です。
知らないうちに足のももの部分に脂肪がついていることも、普段ほとんど使わない筋肉なので、あり得ます。

内転筋のエクササイズで内ももを鍛え、下半身ダイエットを成功させましょう。

内ももに力を入れて左右の膝を押し付けるようにするために、両膝の間にボールや座布団を挟むようにする体操も有効だといいますので、 電車の座席に座っているとき、膝同士を押し合うだけでも内もものダイエット効果はありますよ!

どのくらい内ももの筋肉がおとろえているかは、姿勢を椅子に座って見てみるだけでもチェックできます。
膝同士が離れている人は、内ももの筋肉が弱っているサインです。

膝、くるぶし、足先を合わせた状態でどのくらいいられるか、秒数をカウントしてみてもいでしょう。
下半身のダイエットを成功させるためにも、内転筋を発達させて、内ももを引き締めるようにしましょう。


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。